衣類や繊維製品、クリーニングに関する様々な知識や大阪府下の組合加盟店の紹介、消費生活窓口の紹介などクリーニングに関わる様々な情報を提供

『取扱絵表示に「水洗い可」のマークと「ドライクリーニング」のマークの両方がOKになってる場合には、どちらを信じたら良いの?』という質問を受けました。

さて、どちらが良いのでしょうか?
取扱絵表示は、どんな洗い方が出来て、アイロンはどの程度の温度が適切かなどを表示しているものです。
洗い方を決める場合には、水洗いで縮むものや色が落ちるもの、家庭で仕上げが出来ないものなどは水洗い不可、ドライクリーニングのマークになります。
要するに、「クリーニング店で洗ってもらって、プレスをしてもらいなさい」ってことです。

じゃあ両方ともOKの場合には、 どうしましょうか?
汚れ具合で判断するのが一つの方法です。

油性の汚れがひどい場合やペンキなどが付いている場合には家庭で水洗いするよりもドライクリーニングやシミ抜きをしてもらった方が良いでしょう。

汗などの水洗いで落とせる汚れでしたら家庭洗濯でも良いと思います。

しかし、しっかりとプレスしたい場合はやはりクリーニング店の出番ですね。