衣類や繊維製品、クリーニングに関する様々な知識や大阪府下の組合加盟店の紹介、消費生活窓口の紹介などクリーニングに関わる様々な情報を提供

平成24年度 技術研修会

講師に相馬成男氏とアパレル仕上げのエキスパートの方をお迎えし、ウェットクリーニングに
必要な紳士服作りの基礎~応用レベルの知識(素材・構造・縫製など)、完璧なアパレル仕上げ
のための個別実技指導を交えながら研修会を行います。また、現行のJIS表示が新しくISO表示に
なることによって、クリーニングに求められるものが大きく変わります。これをチャンスと捉え
新しいクリーニングの価値を創造していくために何が必要なのか、考えて行きたいと思います。

第1回目 2月24日(日)

●10:00~11:40 「紳士服の作り方」相馬成男氏
特に、「ウェットクリーニング~仕上げ」を行うにあたって、その基本である紳士服の構造、テ
キスタイルの性質や縫製品の性質を知り、我々はこれらをどのように扱うべきなのか、「アパレル
のものづくり」を通してお話し頂きます。
●11:40~12:00 仕上げ講師によるオリエンテーション(基本的事項の説明と注意)
●13:00~17:00 アパレル仕上げ個別指導

第2回目 3月3日(日)

●10:00~12:00「新JIS L0217取扱絵表示に対応できる新しいクリーニング業とは」相馬成男氏
この数年のうちに繊維製品の取扱い絵表示が新JIS表示となり、新たに「プロの水洗い」絵表示
が加わるため、特に消費者からウェットクリーニングに対する要望が大きくなると予想されます。
この「新JIS表示」をチャンスと捉えて、新JIS表示が我々にとってどういう意味を持つのか?何
を勉強していかなければならないのか?クリーニング業の新しい形としてどういうことが求められ
るのか?、紳士アパレルのお立場、新JIS表示改正作業に携わっていらっしゃるお立場からお話し
頂きます。
●13:00~17:00 アパレル仕上げ個別指導

oc929.net/wp-content/uploads/2012/12/20130203kensyu.pdf

申込みシート:ダウンロード